読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『うつ』と『躁』の教科書

こんにちは!

今回もうつ病に関する書籍の紹介です。


☆『うつ』と『躁』の教科書

教科書というタイトル通り、鬱症状の概要、種類、治療法に至るまで幅広く網羅した書籍です。f:id:ideaQ:20170522063647p:plainタイトルの割に平易な文章で読みやすく、こちらもうつ入門書として1度読むことをオススメします!


また、タイトルにもある『躁』についても詳しく書かれています。うつと躁の違い、特に躁うつ病は気分の高揚と落ち込みが交互にくるため、抗うつ薬での治療だけでは危険であるといった記述もあり理解が深まります。


特に印象的だったことは、症状の程度によって治療アプローチを変える点です。うつ病の治療法は薬物療法、精神療法に大別されます。このうち、症状が軽度の場合は精神療法によって患者さんに寄り添いながら励まし、自尊心の回復に努めること。一方、症状が重度の場合はこの精神療法はあまり効果がなく、まずは薬物療法で症状の緩和に努めることが大切であるとのことです。薬物療法というと、副作用等の不安や恐怖がありますが、飲まないと離脱症状に苦しむことを考えると飲みながら治療していくことが必要かと思います。


その他にも薬の紹介や日常生活でできる症状改善法も記載されています。


大変参考になる一冊です。

うつ病になって

こんばんは!

前回はうつ病に関する書籍を紹介しました。まだまだ紹介しきれてないですが、今回はうつ病になってからの自分自身の気持ちについて書いてみます。

うつ病の診断が出て休職している間、自分自身に対して思っていたのは、俺ってあんま自分がないな、ということです。

人に良く思われたくてそのために頑張ったり、人から言われたことも全部鵜呑みにしてその度に一喜一憂したりしていたなと。自分がどんな人間で、どんな生き方、働き方をしていきたいのかという自分自身に対する主体性がなかったと思います。

自分を守る自分がないから、人から言われたことも全部自分の中に入れ、対処しきれずパンクしてしまうのではないかなと思いました。

なので、まずは人より自分とは何なんだ、どう生きていきたいのかを自問自答しないとまた同じことが繰り返されるなと思いました。

そこから自分自身を再度見つめ直していきました。その内容についてはまた少しずつ書いていきます。

読んでいただきありがとうございます。

うつ病に関する書籍の紹介

こんにちは!

前回からうつ病と向き合った日々を投稿しています。


今回はうつ病の原因を調べるために読んだ書籍を紹介します。


うつ病脳科学 加藤忠史著』

うつ病の原因を考えていく中で、最初はストレスによって脳のどこかに異常が出て、頭はもちろん、身体も思うようにいかなくなると考えこの書籍にたどり着きました。


うつ病の病因を脳科学からアプローチした書籍で個人的には1度読むことをオススメします。


内容で勉強になったことは↓

うつ病はGRと呼ばれるグルココルチコイド受容体の機能低下によって起こるのではないかというところです。


人はストレスを受けるとそれが脳に伝わります。脳に伝わると次はホルモンが変化していきます。これが副腎皮質のコルチゾールまで影響します。コルチゾールは適度なストレスだと炎症を止めるなど、対ストレスの身体を作る働きをします。


しかし、ストレスが強いと神経細胞を死滅させてしまいます。神経細胞の死によって、身体に異常が出てきます。このコルチゾールの増大に反応してその働きを止めるのがGRと呼ばれるグルココルチコイド受容体です。

このGRの機能がしっかり働いていれば、ストレス下においても人は正常に動けるとのことです。


うつ病患者の場合、このGR機能が極端に低下してストレスで頭や身体に異常が出てくるのではないかというのが脳科学の観点からの仮説です。


実際、自分も当時思ったように身体が動かないのも内部でそうした変化が起こっているからかな?と体感として納得できる感じはあったかと思います。


ただ、このGR機能がなぜ低下するのかというのは過剰なストレスによるコンチゾールの増大とは一概に言えないところがあるようです。幼少期の養育環境や先天性の遺伝子の可能性があり、その解明はされてないとのことです。また、うつ病は上述のようにストレスによるコルチゾールの過剰放出が有力な原因とされていますが、これもコルチゾールによって障害を受けやすい脳の海馬の中のCAIというところで確認されてないので正しいとも言い切れないという記述もありました。


結局のところ、うつ病の病因は何かという結論が出ないまま読み終えました。読後、ますますうつ病の原因は何か考える日々が続きました。


次回も書籍の紹介をしながら、うつ病と向き合った日々について投稿します。

読んでいただきありがとうございます。f:id:ideaQ:20170507214913p:plain

うつ病の原因は何か

こんにちは。

 

2016年11月から「うつ病」の診断が出たのち、自分がどううつ病と向き合ったか少しずつ投稿していきます。

 

まず、最初に医師から「うつ病」と診断されたときは、ショックであるとか悔しいとかそんな感情も出ないほどただぼーっとしている状態でした。頭は何も感じない、体は鉛といった感じです。

 

医師からは「とりあえず何も考えず休んでください」と言われ、素直に納得した記憶があります。当時は仕事もいろいろ与えてくださり、何とか応えたい気持ちがありましたが、「これ以上いくと、やばいな」という感覚があったからです。

 

職場の上司にも「うつ病と診断され、即休職が必要と判断された」と言ったときは本当に申し訳ない気持ちでした。「何をやっているんだ自分は」と責める気持ちもありました。当時自分が何としてでもやりたかった仕事が12月にあり、それが終わるまで続けたいという旨のことも言った記憶がありますが、今思えば本当に自分は自分に縛られすぎていたと感じます。そして、そこで止めてくれた上司に心から感謝の気持ちでいっぱいです。

 

「何も考えずに休む」とは言われましたが、休み方がわからなかったのも正直なところです。その時はとにかく睡眠とか久しぶりにゲームをやってみたりとにかく自分が楽しいと思えそうなことはやっていました。

 

うつ病に関する書籍も読み漁る日々が続いていました。当時の状態で読むのには相当苦労しましたが、「なんでうつ病になったんだろう」と考えて読んでいました。

 

ただ、全然答えが見つからず悩んでいました。うつ病は原因が今でも特定されない病気だからです。例えば、ガンだったら腫瘍があるとか明確にわかりますが、うつ病だとその原因が不確定です。ストレスといっても、ストレスは皆が受けるもので、僕より強いストレスを受けている人でもうつにならない人もいる。じゃあ、脳神経がストレスによって何か異常をきたして、うつ状態になるのかとかいろいろ可能性を考えていました。あとは、性格的に自分を責める傾向にある人がなるのかなとかです。

 

休む中で少しずつ体が動くようになり、うつ病の原因を自分なりに考えて1か月くらいが経過しました。

 

また、次回もうつ病と向き合った日々について投稿します。

読んでいただきありがとうございます。

うつ病はチャンスだった

私は現在25歳で、2017年2月に前の会社を退職しました。

愛知県の某メーカーで働いていましたが、その時はもともと海外志向が強く、職種もその関係だったので、仕事頑張るぞーー!!って感じで取り組んでいました。

 

それが2016年10月ごろから体に異常がみられるようになりました。

症状は以下の通りです。

①人の言っていることが、「○▼※△☆▲※◎★●・・・・・・」のように聞こえる

➾漫画でよくセリフが何を言っているのかわからないときに使われる文字や記号のように聞こえ、とにかく頭に入らない(すごい聞いてるけど)

②平易な文章がすっと理解できない。

➾私は岐阜県出身ですという一文も目で追えばすんなり理解できるかと思いますが、なぜか理解できない感じ

③体が鉛のように重く、喜怒哀楽の感情がなくなる

➾とにかく「こうしたい」と思ってもなぜか体が動かない、ぼうっとするなど明らかにおかしい

f:id:ideaQ:20170411184423p:plain

自分では、うつ病にはならないと思っていました。

どちらかというとうつ病否定派で、「必ず治せる。何か策を考えよう」と考えるタイプでしたので、日に日に症状が悪化していく状況は自分でも信じられませんでした。

 

ただ、今ではこのうつ病がきっかけで毎日充実した「自分らしい人生」を送れていると確信しています。うつ病をきっかけに自分の人生を見つめなおし、会社を辞める決断ができたこと、その後素晴らしい縁があって今があることにただただ感謝するばかりです。

 

次回からはそのうつ病と向き合った日々について詳細に投稿していきます!

ブログ始めました!

はじめまして!

岐阜県出身、現在25歳無職のKosukeと申します。

 

このブログでは僕が「自分らしく生きる」ことを日々実践し、その足跡を残すために始めました。その足跡によって「自分らしく生きたい人」が「自分らしく生きる人」へ変わるための参考になればと思います。

 

なぜ、「自分らしく生きる」ことにこだわるのか?

無職で今の生活大丈夫なのか?

そもそも、お前は何者か?

といった部分はまた更新していきます。

 

f:id:ideaQ:20170410171200p:plain

 

これからどうぞよろしくお願いいたします。